ニュース

中学駅伝、女子は稲美が初優勝 2年ぶり開催、男子は桂

2021/12/19 14:52
 全国中学校駅伝女子でゴールする、初優勝した稲美のアンカー藤田直子=滋賀県希望が丘文化公園

 全国中学校駅伝女子でゴールする、初優勝した稲美のアンカー藤田直子=滋賀県希望が丘文化公園

 第29回全国中学校駅伝は19日、滋賀県希望が丘文化公園で行われ、女子(5区間12キロ)は稲美(兵庫)が43分36秒で初優勝し、男子(6区間18キロ)は桂(京都)が57分37秒で3年ぶり2度目の制覇を果たした。昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となり、2年ぶりに開催された。

 稲美は1区の吉川菜が好走でトップに立ち、2区以降も堅実な走りで首位をキープした。2位に山鹿(熊本)、3位には桂が入った。

 男子の桂は1区で17位と出遅れたが、巻き返し、4区の加嶋が区間1位の力走で首位に浮上し、残り2区も逃げ切った。2位に高田(福島)、3位は中能登(石川)。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • 小林陵侑4位、リンビク連勝 (1/17)

     【ザコパネ(ポーランド)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は16日、ポーランドのザコパネで個人第15戦(ヒルサイズ=HS140メートル)が行われ、個人総合首位の小林陵侑(土...

  • 山本涼太が6位、渡部暁斗9位 (1/17)

     【クリンゲンタール(ドイツ)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合男子は16日、ドイツのクリンゲンタールで個人第12戦が行われ、15日の第11戦で3位だった山本涼太(長野日野自動車)が...

  • 男子回転、小山と大越は途中棄権 (1/16)

     アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は16日、スイスのウェンゲンで男子回転第4戦が行われ、北京五輪出場を確実にしている小山陽平(ベネフィット・ワンク)と、今季W杯初出場の大越龍之介(東急リゾートサ...

  • 女子の近藤5位、五輪確実 (1/16)

     フリースタイルスキー・スロープスタイルのワールドカップ(W杯)は16日、フランスのフォンロムで北京冬季五輪の出場枠を争うレースの最終戦が行われ、女子は18歳の近藤心音(オリエンタルバイオ)が64・7...

  • 吉田、古橋、三笘ら不参加 (1/16)

     サッカー日本代表の森保監督が16日、オンラインで取材に応じ、1〜2月のワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選で、DFの吉田主将(サンプドリア)室屋(ハノーバー)や、FWの古橋(セルティック...

 あなたにおすすめの記事