ニュース

大気の状態、非常に不安定 北日本と北陸、気象庁

2021/12/21 7:11
 気象庁=東京都港区

 気象庁=東京都港区

 低気圧や前線の影響で、北日本と北陸では21日、大気の状態が非常に不安定になるとして、気象庁は落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうや急な強い雨に注意を呼び掛けた。

 気象庁によると、前線を伴った低気圧が北海道の西にあり東北東に進んでおり、21日夜にはオホーツク海へ進む見込みで、この前線が夕方にかけて北日本から東日本を通過する。低気圧や前線に暖かく湿った空気が流れ込むため、北日本と北陸では、大気の状態が安定しなくなる所があるとみられる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 6434人追悼、祈り (1/17)

     6434人が犠牲となった1995年の阪神大震災は17日、発生から27年となった。新型コロナウイルス感染対策でマスクをした市民らが兵庫県内各地で開かれた追悼行事に参加、地震発生の午前5時46分に合わせ...

  • 響くサイレン、各地で警戒 (1/16)

     東日本大震災の際に津波で大きな被害が出た岩手県釜石市では16日午前3時ごろの津波警報発令後、高台の寺「仙寿院」に周辺住民が車や徒歩で集まった。発令前に津波注意報の段階で避難してきた地元の高校2年の生...

  • 津波警報、22万人に避難指示 (1/16)

     南太平洋・トンガ沖の海底火山で15日に大規模噴火が発生し、気象庁は16日午前0時15分から、鹿児島県の奄美群島・トカラ列島や岩手県に津波警報を、太平洋側全域を中心に津波注意報を順次発表した。奄美市小...

  • 太ももにスマホ隠し失格 (1/16)

     大学入試センターによると、2日間の大学入学共通テストで計3人が失格になった。三重県の会場では、受験生が国語の試験でスマートフォンを太ももの間に挟んで隠しているのを試験官が見つけた。指摘された受験生は...

  • コロナ警戒、共通テスト終了 (1/16)

     大学入学共通テストは16日、全国の会場で理科と数学が実施され、2日間の日程を終えた。生活に身近なテーマを題材に考察する設問が随所に盛り込まれた。各大学は新型コロナウイルスの「オミクロン株」急拡大に伴...

 あなたにおすすめの記事