ニュース

大手企業の冬の賞与5%減 コロナ禍で、平均82万円

2021/12/22 18:34

 経団連が22日発表した大手企業の冬の賞与・一時金(ボーナス)集計によると、平均妥結額は昨年冬に比べ5・16%減の82万955円だった。新型コロナウイルス禍に伴う業績低迷で2年続けて減った。全19業種のうち10業種が前年を上回ったが、鉄道や建設などの落ち込みが大きかった。

 製造業は1・32%減の85万3475円、非製造業は18・01%減の71万2019円。業種別で減少率が最も大きかったのは「私鉄」の22・26%。乗客数が回復せず、妥結額は57万7620円。次いで東京五輪・パラリンピック関連特需がなくなった「建設」が17・18%減の119万5955円だった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 5G拡大で米国便欠航恐れ (1/18)

     全日本空輸は18日、羽田と成田空港を発着する米国便に18日から20日にかけて最大計20便の欠航が出る恐れがあると発表した。米国の空港周辺で携帯電話の第5世代(5G)移動通信システムのサービスが始まる...

  • 為替相場  18日(日本時間23時) (1/18)

    23時現在           1ドル=             114円62銭〜          114円63銭    前日比  −0円22銭   1ユーロ=            130円38銭...

  • NY円、114円後半 (1/18)

     【ニューヨーク共同】連休明け18日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午前8時半現在、前週末比45銭円安ドル高の1ドル=114円59〜69銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1361〜71ドル、130...

  • NY原油、7年ぶり高値 (1/18)

     【ニューヨーク、ロンドン共同】ニューヨーク原油先物相場は18日の時間外取引で、指標の米国産標準油種の2月渡しが一時、1バレル=85ドル台後半を付けた。14年10月以来、約7年3カ月ぶりの高値。欧州や...

  • エアコンの送風音20%低減 (1/18)

     ダイキン工業と富士フイルムは18日、エアコンの加湿や換気運転時に発生する音の波動を制御し、送風音を20%以上減らす技術を実用化すると発表した。富士フイルムが光学分野で培った技術を応用した。ダイキンは...

 あなたにおすすめの記事