ニュース

全国の政治団体収入、過去最低 20年分、コロナが影響

2021/12/24 18:58
 政党別の収入額

 政党別の収入額

 総務省は24日、2020年分の政治資金収支報告書の中央分(総務相所管)と地方分(都道府県選挙管理委員会所管)の集計結果を発表した。政党など全国の政治団体の合計収入は1982億8千万円(19年比14・3%減、以下同)、合計支出は1804億6千万円(24・1%減)。ともに記録が残る1983年以降、最低となった。新型コロナウイルス禍の影響で政治団体の活動が減ったことが原因とみられる。

 合計収入を項目別に見ると、個人献金や企業・団体献金などの寄付が582億1千万円(15・8%減)で、事業収入は409億6千万円(19・6%減)だった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • まん延防止13都県追加決定 (1/19)

     政府は19日、新型コロナウイルス対応の「まん延防止等重点措置」を13都県に追加適用すると決定した。期間は21日から来月13日まで。対象は群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、岐阜、愛知、三重、香川、...

  • 政府、トンガに資金協力 (1/19)

     磯崎仁彦官房副長官は19日の記者会見で、大規模噴火と津波に見舞われたトンガへの支援として、100万ドル以上の無償資金協力を実施すると発表した。自衛隊による飲料水などの援助物資の輸送も検討していると明...

  • 首相、自身3回目にモデルナ検討 (1/19)

     岸田文雄首相が自身の新型コロナウイルスワクチンの3回目接種に当たり、米モデルナ製を接種する方向で検討していることが分かった。政府関係者が19日明らかにした。首相は1、2回目でファイザー製を接種してお...

  • トンガ支援、速やかに対応 (1/19)

     松野博一官房長官は19日、超党派の「日本・太平洋島しょ国友好議員連盟」の古屋圭司会長(自民党)らと官邸で面会し、大規模噴火と津波に見舞われたトンガへの支援を求める要請を受けた。松野氏は「速やかに対応...

  • 松野氏、関西から要請あれば検討 (1/19)

     松野博一官房長官は19日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染が拡大する京都、大阪、兵庫の関西3府県にまん延防止等重点措置を適用するかどうかについて「要請があった場合には速やかに検討を行う」と述べた...

 あなたにおすすめの記事