ニュース

政府、機密情報の資格検討先送り プライバシー審査に慎重論

2021/12/25 18:40
 セキュリティー・クリアランスの仕組み

 セキュリティー・クリアランスの仕組み

 政府が経済安全保障の強化に向け導入を目指している機密情報の資格制度「セキュリティー・クリアランス」について、本格的な検討を来年秋以降に先送りする方針を固めたことが25日分かった。先端技術などの重要情報を扱える人を資格取得者に限定し海外流出を防ぐ仕組みで、資格審査にはプライバシーの調査が必要だが、調査の在り方に与党内から慎重な意見が出ており、時期尚早と判断した。

 政府は来年の通常国会に経済安全保障推進法案の提出を目指している。重要情報の保全策では特許の非公開化を優先し、法案に盛り込む方針だ。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  17日(日本時間 7時) (1/17)

     7時現在           1ドル=             114円20銭〜          114円23銭    前日比  −0円41銭   1ユーロ=            130円35銭...

  • 郵便局やコンビニ一時休業 (1/16)

     トンガ沖の海底火山で発生した大規模噴火の影響は16日、日本の小売りや物流業にも及んだ。東北を中心とした太平洋沿岸の一部地域でコンビニや外食チェーンが一時休業を強いられたほか、郵便局が窓口業務を休止し...

  • 世界の物流、コロナ下で停滞 (1/16)

     【上海、シンガポール、ロサンゼルス共同】新型コロナウイルスの変異株オミクロン株がまん延する中、世界で物流の停滞が深刻化している。コロナ下の「巣ごもり需要」で貨物量が増える一方、感染拡大による荷役労働...

  • パチンコ機器平和、希望退職募集 (1/15)

     パチンコ機器メーカーの平和は15日までに、子会社を含めて従業員の3割近くに当たる250人の希望退職を募集すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大で、市場規模の縮小が加速しているためという。また福島...

  • エヴァの多機能電柱、夢洲に登場 (1/15)

     関西電力は、2025年大阪・関西万博の会場予定地の人工島・夢洲で防犯用のドローン発進基地などを備えた多機能の電柱「スマートポール」の実証実験を始めた。人気アニメ「エヴァンゲリオン」をモチーフにデザイ...

 あなたにおすすめの記事