ニュース

無人機導入、米配慮で継続 安倍政権、中止を一時伝達も

2021/12/25 21:00
 米国の無人偵察機グローバルホーク=2018年10月、イタリア南部(米国空軍提供・AP=共同)

 米国の無人偵察機グローバルホーク=2018年10月、イタリア南部(米国空軍提供・AP=共同)

 安倍政権が、運用・維持費だけで年間130億円に上る米国製の無人偵察機グローバルホークを巡り、20年春に導入中止を伝達したが、同年夏に一転して継続を決めていたことが分かった。米国から調達予定だった地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」計画の断念を受け、当時のトランプ大統領に配慮したため。複数の日米関係筋が25日明らかにした。

 日本の安全保障上の必要性などを防衛省が考慮して導入中止を決めた案件が政治判断で覆った格好。「過剰なトランプ氏への気遣い」(関係筋)の結果、機体取得費など613億円に加え多額の運用・維持費がかかり、国民の理解が得られるか不透明だ。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 参院選岡山に元玉野市長出馬へ (1/17)

     夏の参院選岡山選挙区(改選数1)に、元岡山県玉野市長の黒田晋氏(58)が無所属で立候補する意向を固めた。近く正式表明する。関係者が16日明らかにした。黒田氏は自民党の加藤勝信前官房長官の義父、故加藤...

  • ワクチン前倒し注力―自民 (1/16)

     自民党の茂木敏充幹事長は16日のNHK番組で、感染が急拡大する新型コロナウイルス「オミクロン株」に関し、ワクチン3回目接種の前倒しに注力する考えを示した。立憲民主党の西村智奈美幹事長は、病床確保の重...

  • 辺野古移設争点に一騎打ち (1/16)

     沖縄県名護市長選が16日告示され、いずれも無所属で元名護市議の新人岸本洋平氏(49)=立民、共産、れいわ、社民、地域政党・沖縄社大推薦=と、再選を目指す現職渡具知武豊氏(60)=自民、公明推薦=が立...

  • 宮崎市長選が告示 (1/16)

     任期満了に伴う宮崎市長選は16日告示され、元市議斉藤了介氏(55)、4選を目指す現職戸敷正氏(69)、元県議清山知憲氏(40)、元市議大村嘉一郎氏(70)の4人が立候補を届け出た。いずれも無所属。投...

  • 政府、トンガの被害把握を継続 (1/16)

     政府は16日、南太平洋・トンガ沖の海底火山噴火により日本の太平洋沿岸の潮位が変化したことを受け、被害状況の把握や警戒を続けた。外務省を中心にトンガの在留邦人の安否確認も急いだ。同省によると、トンガの...

 あなたにおすすめの記事