ニュース

東証、午前終値2万8711円 新変異株で経済停滞警戒

2021/12/27 11:58

 週明け27日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続落した。新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の特徴は感染力の強さとされ、欧米で感染者が急増していることから、経済停滞への警戒感が強まった。下げ幅は一時100円を超えた。

 午前終値は前週末終値比71円47銭安の2万8711円12銭。東証株価指数(TOPIX)は6・46ポイント安の1980・32。

 欧州では感染予防のための規制が各国で強化され、米国でも在宅勤務を強化するなどの動きが出てきている。日本国内では感染者の急増は起きていないものの、新変異株の市中感染の発生で投資家心理を冷やした。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • NY株式  18日終値     (1/19)

    <ダウ工業30種平均>      35368.47       前日比 −543.34  

  • NY株続落、543ドル安 (1/19)

     【ニューヨーク共同】連休明け18日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は大幅続落し、前週末比543・34ドル安の3万5368・47ドルで取引を終えた。米景気減速への懸念が強まり、投資リスク回...

  • NY原油、7年3カ月ぶり高値 (1/19)

     【ニューヨーク共同】連休明け18日のニューヨーク原油先物相場は続伸し、指標の米国産標準油種(WTI)の2月渡しが前週末比1・61ドル高の1バレル=85・43ドルと2014年10月以来、約7年3カ月ぶ...

  • 為替相場  19日(日本時間 6時) (1/19)

     6時現在           1ドル=             114円62銭〜          114円63銭    前日比  +0円24銭   1ユーロ=            129円72銭...

  • 米通信大手が5G開始延期 (1/19)

     【ニューヨーク、ワシントン共同】米通信大手のAT&Tとベライゾンは18日、それぞれ米国の空港周辺で19日から開始予定だった携帯電話の第5世代(5G)移動通信システムのサービスを一部延期すると明らかに...

 あなたにおすすめの記事