ニュース

来夏の電力、7地域で逼迫 火力故障、供給確保に課題

2021/12/27 18:18

 経済産業省は27日、来年夏の全国10地域の電力供給予備率が北海道、四国、沖縄を除く7地域で、安定供給に最低限必要とされる3%を下回るとの見通しを示した。火力発電設備が故障などで停止しており、供給力低下が見込まれるため。今冬も予備率は低水準となっており、引き続き需給逼迫の解消に向けた供給力確保が課題となる。

 経産省は、10年に1度の猛暑で需要が増えるとの想定で、現時点の需給見通しを示した。予備率は東京と中部で22年7月にそれぞれ1・1%、8月に0・9%となる見込み。東北は8月に1・2%、北陸、関西、中国、九州は8月にそれぞれ2・3%となる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • サイバー攻撃対策、経営責任に (1/22)

     政府は通信や電力、鉄道など重要インフラ事業者のサイバーセキュリティー対策に関し、経営陣の責任を明確化する方向で検討に入った。情報漏えいなどによる損害の発生で会社法上の賠償責任を問われる可能性があると...

  • NY株、週間1646ドル安 (1/22)

     【ニューヨーク共同】21日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は6営業日続落し、前日比450・02ドル安の3万4265・37ドルで取引を終えた。終値では昨年12月1日以来の安値水準だった。6...

  • ナスダック 21日終値     (1/22)

    <ナスダック>          13768.92       前日比 −385.10  

  • インテル、最大11兆円投資 (1/22)

     【ニューヨーク共同】米半導体大手インテルは21日、10年間で最大1千億ドル(約11兆円)を投じ、米中西部オハイオ州に世界最大級の半導体製造工場を建設する計画を発表した。半導体生産の国内回帰を進めるバ...

  • NY円、113円後半 (1/22)

     【ニューヨーク共同】21日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前日比40銭円高ドル安の1ドル=113円64〜74銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1337〜47ドル、128円92銭〜1...

 あなたにおすすめの記事