ニュース

辺野古サンゴ移植を容認 農水省が最終判断

2021/12/28 13:38
 沖縄県名護市辺野古沖のサンゴ=2018年(沖縄防衛局ホームページより)

 沖縄県名護市辺野古沖のサンゴ=2018年(沖縄防衛局ホームページより)

 農林水産省は28日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古の埋め立て予定海域でのサンゴ移植を巡り、沖縄県による移植許可撤回を取り消す裁決をしたと発表した。事実上、移植を認める最終判断となる。

 同省は8月、裁決を出すまでの間として、県による移植許可撤回の効力を停止し、防衛省がサンゴ移植を再開していた。今回の裁決で、来年6月まで許可された防衛省によるサンゴ採捕が続く見通しとなった。

 裁決によると、沖縄県は防衛省沖縄防衛局の許可条件違反を理由に移植許可を撤回したが、実際には違反しておらず、処分は違法として取り消した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • まん延防止、13都県を追加 (1/18)

     政府は、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染急拡大を受け、首都圏を含む1都12県に対し「まん延防止等重点措置」を追加適用する方針を固めた。岸田首相が記者団に対し、19日に専門家に諮問す...

  • 米軍岩国基地では酒類提供可能 (1/18)

     松野博一官房長官は18日の記者会見で、新型コロナウイルス対応の「まん延防止等重点措置」を適用中の山口県岩国市にある米軍岩国基地内で、酒類の提供が可能となっていると明らかにした。山口県は措置適用に伴い...

  • 自民、160億円で首位 (1/18)

     総務省は18日、2022年分の政党交付金の受け取りを8政党が届け出たと発表した。共同通信が各党への配分を試算した結果、自民党が21年の交付額から9億1100万円減の160億3600万円で10年連続の...

  • 皇位継承策の与野党協議始まる (1/18)

     衆参両院は18日、各党派の代表者を衆院議長公邸に集め、皇室の課題に関する全体会議を開いた。女性・女系天皇の是非など安定的な皇位継承策の提起を先送りし、皇族数確保策を軸とした政府の検討結果を松野官房長...

  • 大阪市議会、定数2減へ (1/18)

     政治団体「大阪維新の会」や自民、公明両党など大阪市議会の主要4会派は18日、議員定数を現行の83から81に減らすことで一致した。条例改正案を2月議会に提出し、可決すれば、来春の市議選から適用される。...

 あなたにおすすめの記事