ニュース

中国恒大、住宅建設を加速へ 許氏「寝そべり禁止」号令

2021/12/28 16:14
 中国恒大集団が手掛けた住宅=10月、北京(共同)

 中国恒大集団が手掛けた住宅=10月、北京(共同)

 【北京共同】中国不動産大手の中国恒大集団は28日までに、停滞していた住宅建設を加速すると表明した。米ドル建て社債の利払いを実行できず一部デフォルト(債務不履行)と認定されたが、消費者に事業継続を訴える狙いとみられる。許家印主席は、今年の流行語になった無気力な若者の「寝そべり主義」に言及し「恒大では禁止だ」とハッパを掛けた。

 ただ米東部時間28日(日本時間29日)に再び2億5520万ドル(約290億円)の社債の利払い期限を迎え、金融市場の緊張は続いている。

 許氏は「一切を惜しまず事業再開に当たれば、販売量を回復し、債務を返済できる」と強調した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  24日(日本時間 7時) (1/24)

     7時現在           1ドル=             113円68銭〜          113円71銭    前日比  +0円18銭   1ユーロ=            128円91銭...

  • サイバー攻撃対策、経営責任に (1/22)

     政府は通信や電力、鉄道など重要インフラ事業者のサイバーセキュリティー対策に関し、経営陣の責任を明確化する方向で検討に入った。情報漏えいなどによる損害の発生で会社法上の賠償責任を問われる可能性があると...

  • NY株、週間1646ドル安 (1/22)

     【ニューヨーク共同】21日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は6営業日続落し、前日比450・02ドル安の3万4265・37ドルで取引を終えた。終値では昨年12月1日以来の安値水準だった。6...

  • ナスダック 21日終値     (1/22)

    <ナスダック>          13768.92       前日比 −385.10  

  • インテル、最大11兆円投資 (1/22)

     【ニューヨーク共同】米半導体大手インテルは21日、10年間で最大1千億ドル(約11兆円)を投じ、米中西部オハイオ州に世界最大級の半導体製造工場を建設する計画を発表した。半導体生産の国内回帰を進めるバ...

 あなたにおすすめの記事