ニュース

盛り土経緯、静岡県が聞き取り 熱海土石流、起点の現旧所有者

2021/12/28 22:01

 静岡県熱海市で7月に発生した大規模土石流の原因や責任の所在を調査している県が、崩落の起点となった土地の現旧所有者から盛り土造成の経緯や工法について聞き取りを行っていたことが28日、関係者への取材で分かった。

 関係者によると、現旧所有者はいずれも「詳細は分からない」と回答した。2011年まで起点の土地を所有した不動産管理会社(神奈川県小田原市)の元幹部は、土砂崩落の危険性を認識していなかったと主張。そもそも熱海市に届け出をした上で造成を始めたとも強調した。

 現所有者は自身が土地を取得して以降は盛り土をしていないと説明した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 東京、時短営業要請の方針 (1/19)

     東京都が、新型コロナウイルス対応の「まん延防止等重点措置」が適用された後の飲食店への制限について、感染対策の認証店には時短営業を要請した上で、酒類提供の有無を選択制とする方針であることが18日、関係...

  • 個人情報保護委が個人情報漏えい (1/18)

     個人情報保護委員会事務局は18日、個人情報保護法のガイドラインに関する意見募集の結果を7日にウェブで公表した際、意見提出した12人の氏名や一部所属先を誤って公表してしまう情報漏えいがあったと発表した...

  • 福島沖トラフグ、漁獲量が急増 (1/18)

     相馬双葉漁協(福島県相馬市)は18日、同県沖で漁獲量が増えている高級魚トラフグを「福とら」というブランド名で売り出していくと発表した。東京電力福島第1原発事故を受けて福島の漁業は復興途上にあり、地元...

  • 郵便物7000通廃棄か、男逮捕 (1/18)

     郵便物約7千通を配達せずに雑木林に捨てたとして、大阪府警黒山署は18日までに、郵便法違反の疑いで美原郵便局(堺市美原区)の局員原康之容疑者(20)=同府富田林市=を逮捕、送検した。郵便物には新型コロ...

  • 新聞労連大賞に毎日新聞 (1/18)

     新聞労連は18日、平和・民主主義の確立や言論の自由に貢献した記事を表彰する第26回新聞労連ジャーナリズム大賞に毎日新聞「特権を問う〜日米地位協定60年」を選んだと発表した。 優秀賞は沖縄タイムス「『...

 あなたにおすすめの記事