ニュース

オンライン提出、たった4% 20年政治資金報告書

2021/12/29 16:24
 金子恭之総務相

 金子恭之総務相

 2020年分の政治資金収支報告書(総務相所管の中央分)を巡り、オンラインで出した国会議員関係の政治団体が4・4%にとどまっている。政治資金規正法はオンライン提出を努力義務と定めるが、透明性向上に必要な電子化が進んでいない現状が浮き彫りになった形。金子恭之総務相や、デジタル化の司令塔である牧島かれんデジタル相も紙での提出だった。背景には、議員の意識不足がありそうだ。

 総務省によると、10年に事務負担軽減のため、オンライン提出の仕組みを整備した。本年度のシステム維持費は約5800万円。システム構築費や22年12月までの維持費で計20億4千万円を投じる計算だ。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 日仏、対中国で安保協力 (1/21)

     日本とフランス両政府は20日、外務・防衛閣僚協議(2プラス2)をテレビ会議形式で開いた。東・南シナ海を含む西太平洋への中国の軍事力拡大を念頭に、海洋安全保障分野での協力を深化。「自由で開かれたインド...

  • 10道府県まん延防止要請へ (1/21)

     新型コロナウイルスの感染急増を受け、政府に「まん延防止等重点措置」の適用を要請する自治体が20日、10道府県に拡大した。京都、大阪、兵庫の関西3府県と北海道、静岡県が21日に要請する方針。福岡、佐賀...

  • 山口県「否定的意見が多数」 (1/20)

     衆院選挙区画定審議会(区割り審、川人貞史会長)による衆院小選挙区定数の「10増10減」を反映した区割り改定案策定を巡り、1減が見込まれる山口県は20日、県内の市町から「人口基準のみによる定数減に否定...

  • 佐渡金山の推薦見送り検討 (1/20)

     政府が「佐渡島の金山」(新潟)の世界文化遺産への推薦を2021年度は見送る方向で検討していることが20日、分かった。歴史問題を理由に韓国が反発しており、23年の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺...

  • 首相、新しい資本主義で工程表 (1/20)

     岸田文雄首相は20日の衆院本会議での代表質問で、自身が掲げる「新しい資本主義」の実現に向け、今後、毎年度の成長・分配戦略の施策を具体的に記した工程表を作成すると表明した。夏の参院選を見据え、経済成長...

 あなたにおすすめの記事