ニュース

在日米軍、入国直後に検査実施へ クラスター批判で方針転換

2021/12/31 18:44

 外務省は31日、在日米軍が米海兵隊キャンプ・ハンセン(沖縄県金武町など)で発生した新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)問題を受け、全ての在日米軍関係者を対象に入国から24時間以内に検査を実施することを決めたと発表した。全ての在日米軍施設の米兵らに対し、出入国時のコロナ検査を免除していた対応に批判が集まり、方針を転換した形だ。

 外務省によると、在日米軍が12月30日以降、24時間以内の検査実施を決定したと通知した。クラスター発生後、米側では出国72時間前の検査を始めており、日本側の要請で対象を拡充していた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • まん延防止、13都県を追加 (1/18)

     政府は、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染急拡大を受け、首都圏を含む1都12県に対し「まん延防止等重点措置」を追加適用する方針を固めた。岸田首相が記者団に対し、19日に専門家に諮問す...

  • 米軍岩国基地では酒類提供可能 (1/18)

     松野博一官房長官は18日の記者会見で、新型コロナウイルス対応の「まん延防止等重点措置」を適用中の山口県岩国市にある米軍岩国基地内で、酒類の提供が可能となっていると明らかにした。山口県は措置適用に伴い...

  • 自民、160億円で首位 (1/18)

     総務省は18日、2022年分の政党交付金の受け取りを8政党が届け出たと発表した。共同通信が各党への配分を試算した結果、自民党が21年の交付額から9億1100万円減の160億3600万円で10年連続の...

  • 皇位継承策の与野党協議始まる (1/18)

     衆参両院は18日、各党派の代表者を衆院議長公邸に集め、皇室の課題に関する全体会議を開いた。女性・女系天皇の是非など安定的な皇位継承策の提起を先送りし、皇族数確保策を軸とした政府の検討結果を松野官房長...

  • 大阪市議会、定数2減へ (1/18)

     政治団体「大阪維新の会」や自民、公明両党など大阪市議会の主要4会派は18日、議員定数を現行の83から81に減らすことで一致した。条例改正案を2月議会に提出し、可決すれば、来春の市議選から適用される。...

 あなたにおすすめの記事