ニュース

アンテナショップの売り上げ減 コロナで飲食部門不振

2022/1/6 15:28
 北海道どさんこプラザ=2018年、東京・有楽町

 北海道どさんこプラザ=2018年、東京・有楽町

 全国の自治体などでつくる地域活性化センターは6日、自治体が東京都内に設けた独立型アンテナショップ62店のうち、2020年度の売上額が1億円以上だったのは19年度比8減の29店だったと発表した。新型コロナウイルス感染拡大でレストランなど飲食部門の不振が目立った。一方、デリバリーや通信販売に力を入れる動きもあった。

 アンテナショップは特産品販売、地域情報の発信などが目的。自治体が主体となって設立した常設の独立型店舗のうち、21年4月1日時点で営業中の62店を対象に集計した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  21日(日本時間23時) (1/21)

    23時現在           1ドル=             113円66銭〜          113円69銭    前日比  +0円73銭   1ユーロ=            128円98銭...

  • NY円、113円後半 (1/21)

     【ニューヨーク共同】21日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午前8時半現在、前日比29銭円高ドル安の1ドル=113円75〜85銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1340〜50ドル、129円06〜1...

  • 仏トタル、ミャンマーから撤退 (1/21)

     【パリ共同】フランスのエネルギー大手トタルエナジーズ(旧トタル)は21日、昨年2月にクーデターが起きたミャンマーでの天然ガス採掘事業から撤退することを決めたと発表した。事業が軍政に収入をもたらすため...

  • 米インテル、2兆円投資へ (1/21)

     【ワシントン共同】米ホワイトハウスは21日、半導体大手インテルが200億ドル(約2兆3千億円)を投じて中西部オハイオ州に半導体の新たな工場を建設すると明らかにした。新型コロナウイルス禍からの経済活動...

  • 恵方巻きの大量廃棄防げ (1/21)

     節分に食べる「恵方巻き」商戦の売れ残り品の大量廃棄を防ごうと、コンビニなどの小売業者が予約販売を強化するといった取り組みを進めている。農林水産省も需要に見合った販売をするよう業界に呼び掛けており、食...

 あなたにおすすめの記事