ニュース

米11月貿易赤字19%増 2カ月ぶり、輸出入最大

2022/1/6 23:35

 【ワシントン共同】米商務省が6日発表した昨年11月のモノとサービスを合わせた国際収支ベース(季節調整済み)の貿易赤字は前月比19・4%増の801億7200万ドル(約9兆2800億円)だった。赤字の増加は2カ月ぶり。新型コロナウイルス禍からの経済活動再開で国内需要が増え、輸入が増加したことが影響したとみられる。

 輸出は0・2%増の2242億1500万ドルで過去最大だった。輸入も4・6%増の3043億8800万ドルで最大となった。

 モノの通関ベース(季節調整前)の貿易収支によると、対日本の赤字は38・6%減の41億6100万ドルだった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  17日(日本時間 6時58分) (1/17)

     6時58分現在        1ドル=             114円16銭〜          114円18銭    前日比  −0円37銭   1ユーロ=            130円28銭...

  • 郵便局やコンビニ一時休業 (1/16)

     トンガ沖の海底火山で発生した大規模噴火の影響は16日、日本の小売りや物流業にも及んだ。東北を中心とした太平洋沿岸の一部地域でコンビニや外食チェーンが一時休業を強いられたほか、郵便局が窓口業務を休止し...

  • 世界の物流、コロナ下で停滞 (1/16)

     【上海、シンガポール、ロサンゼルス共同】新型コロナウイルスの変異株オミクロン株がまん延する中、世界で物流の停滞が深刻化している。コロナ下の「巣ごもり需要」で貨物量が増える一方、感染拡大による荷役労働...

  • パチンコ機器平和、希望退職募集 (1/15)

     パチンコ機器メーカーの平和は15日までに、子会社を含めて従業員の3割近くに当たる250人の希望退職を募集すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大で、市場規模の縮小が加速しているためという。また福島...

  • エヴァの多機能電柱、夢洲に登場 (1/15)

     関西電力は、2025年大阪・関西万博の会場予定地の人工島・夢洲で防犯用のドローン発進基地などを備えた多機能の電柱「スマートポール」の実証実験を始めた。人気アニメ「エヴァンゲリオン」をモチーフにデザイ...

 あなたにおすすめの記事