ニュース

政府、賃上げ企業を入札有利に 分配強化へ22年度

2022/1/7 16:33

 政府は2022年度以降に契約を交わす公共工事や物品購入などの入札で、従業員の賃上げを表明した企業が有利になる新たな制度を始める。国費を投じる看護師や介護士の賃金引き上げ、賃上げ減税の拡充などと並んで、岸田政権が重視する「分配」政策を強化する。

 財務省が各省庁に示した概要によると、価格だけでなく技術力なども評価して落札者を選ぶ「総合評価落札方式」の中で、入札参加企業の賃上げ表明を新たな加点対象とする。この方式は国が実施する競争入札の約75%(20年度、金額ベース)を占めるという。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • サイバー攻撃対策、経営責任に (1/22)

     政府は通信や電力、鉄道など重要インフラ事業者のサイバーセキュリティー対策に関し、経営陣の責任を明確化する方向で検討に入った。情報漏えいなどによる損害の発生で会社法上の賠償責任を問われる可能性があると...

  • NY株、週間1646ドル安 (1/22)

     【ニューヨーク共同】21日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は6営業日続落し、前日比450・02ドル安の3万4265・37ドルで取引を終えた。終値では昨年12月1日以来の安値水準だった。6...

  • ナスダック 21日終値     (1/22)

    <ナスダック>          13768.92       前日比 −385.10  

  • インテル、最大11兆円投資 (1/22)

     【ニューヨーク共同】米半導体大手インテルは21日、10年間で最大1千億ドル(約11兆円)を投じ、米中西部オハイオ州に世界最大級の半導体製造工場を建設する計画を発表した。半導体生産の国内回帰を進めるバ...

  • NY円、113円後半 (1/22)

     【ニューヨーク共同】21日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前日比40銭円高ドル安の1ドル=113円64〜74銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1337〜47ドル、128円92銭〜1...

 あなたにおすすめの記事