ニュース

大沢ちほ「一体感増してきた」 合宿中のIH女子日本代表

2022/1/7 18:45

 北京冬季五輪に向け、北海道苫小牧市で合宿を行っているアイスホッケー女子日本代表が7日、オンラインで取材に応じた。2014年ソチ五輪から3大会連続で主将を務める大沢ちほは「(五輪の)メンバーが確定したこともあって一体感が増してきた。それぞれがすごく質の高い集中力を持ってプレーに励んでいる」と合宿の雰囲気を明かした。

 今回を含めて2度の国内合宿で仕上げてから北京に向かう。新型コロナウイルスの影響で昨年11月を最後に外国勢との練習試合が組めておらず、8日から苫小牧市の男子高校生と実戦形式を重ねる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

スポーツの最新記事
一覧

  • ビム・ヤンセン氏死去 (1/26)

     サッカーの元オランダ代表で、Jリーグ広島を指揮したビム・ヤンセン氏が25日、死去した。75歳だった。AP通信などが報じた。(共同)

  • 習近平氏、国際社会の支持強調 (1/25)

     【北京共同】中国の習近平国家主席は25日午後、北京の釣魚台迎賓館で国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と会談し、2月4日開幕の北京冬季五輪は「国際社会の支持を得ている」と強調した。米英などの...

  • 国体フィギュア、中村と住吉がV (1/25)

     国民体育大会冬季大会スケート、アイスホッケー競技会第2日は25日、栃木県日光市の日光霧降アイスアリーナなどで行われ、フィギュア少年男子はショートプログラム(SP)首位の中村俊介(愛知・中京大中京高)...

  • スキー距離の五輪代表4人会見 (1/25)

     ノルディックスキー距離の北京冬季五輪代表4人が25日、オンラインで取材に応じ、女子で5大会連続出場となる41歳の石田正子(JR北海道)は「しっかりスキーと自分の体がかみ合えば、いい成績は出せると思う...

  • コロナ感染で栃木、宮城が棄権 (1/25)

     栃木県スポーツ協会は25日、日光市で行われる国民体育大会冬季大会アイスホッケー競技会に参加予定だった少年男子チームで選手1人が新型コロナウイルス検査で陽性となったため棄権すると発表した。宮城県スポー...

 あなたにおすすめの記事