ニュース

3千人分の個人情報誤掲載 福井、外部アクセス31回

2022/1/8 20:03

 福井県越前市は8日、障害者の氏名や住所、電話番号と家族の氏名など、個人情報計2954人分を市のウェブサイトに誤掲載したと発表した。事業者の公募でデータ表のひな型を示そうとして原本を使用し、一部の削除すべき項目を見落とした。市によると、計31回外部から閲覧した形跡があった。

 障害者の福祉サービスに関わる事務処理システムを運営する事業者を募集するために掲載したエクセル形式のファイルに、個人情報が含まれていた。現時点で悪用されたとの情報はないとしている。

 市は再発防止策として、外部の専門家に協力してもらい情報の管理体制を見直す。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • ジャパンライフ元会長に実刑判決 (1/28)

     磁気健康器具の預託商法を展開した「ジャパンライフ」の巨額詐欺事件で、顧客から計約1億6500万円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた元会長山口隆祥被告(79)に、東京地裁は28日、懲役8年(求刑懲...

  • 参院選買収、県議ら「責任重大」 (1/28)

     2019年の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、現金を受領し不起訴となった地元県議ら100人のうち35人について、東京第6検察審査会は28日、「起訴相当」とする議決書を公表し「公職者が率先して順守しな...

  • 監護者性交、男に懲役18年 (1/28)

     2020年12月から21年5月までの間、自宅で15歳の養女に性交などを59回繰り返し、その様子を撮影したとして、監護者性交と児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の罪に問われた男に、津地裁は28日、懲役...

  • アフィリエイト誤認防止へ指針 (1/28)

     消費者庁の有識者検討会は28日、虚偽や誇大な表示が問題となっている成果報酬型のインターネット広告「アフィリエイト」について、消費者が広告ではないと誤認し不利益を被るのを防ぐため、広告主の責任の明確化...

  • 小田急線刺傷、男を起訴 (1/28)

     昨年8月に東京都世田谷区で起きた小田急線電車内の乗客刺傷事件で、東京地検は28日、乗客3人に対する殺人未遂などの罪で無職対馬悠介容疑者(36)を起訴した。鑑定留置の結果、刑事責任を問えると判断した。...

 あなたにおすすめの記事