ニュース

入管法改正案の再提出見送り 政府、参院選へ影響懸念

2022/1/9 16:07

 政府は外国人収容と送還のルールを見直す入管難民法改正案について、17日召集の通常国会への再提出を見送る方針で最終調整に入った。昨年の通常国会で施設収容中だったスリランカ人女性の死亡問題に関する映像開示を巡り野党が反発し、成立を断念した経緯がある。世論の批判を招きかねないと懸念、夏の参院選に影響しかねないと判断した。複数の政権幹部が9日、明らかにした。

 名古屋出入国在留管理局でスリランカ人のウィシュマ・サンダマリさんが死亡した問題を巡り、野党が真相究明を優先すべきだと主張。政府は成立を先送りし、改正案は昨年10月の衆院解散で廃案となった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 尾身氏「迷惑掛けた」 (1/21)

     平井伸治全国知事会長(鳥取県知事)は21日、政府の新型コロナウイルス対策を議論する基本的対処方針分科会の尾身茂会長から、オミクロン株に関する「人流抑制ではなく人数制限」との発言について「ご迷惑を掛け...

  • 建設統計、5月までに復元目指す (1/21)

     国土交通省は21日、建設受注統計の書き換え問題を受け、山田邦博事務次官ら10人を処分した。今後、過去のデータ修正に着手し、5月までの復元を目指す。ただ調査票の廃棄に加え、書き換え以外の不適切な処理も...

  • 日中関係「良くない」85% (1/21)

     内閣府は21日、外交に関する世論調査(2021年実施)の結果を発表した。日中関係について「良好だと思わない」「あまり良好だと思わない」との回答が前回20年調査から3・4ポイント増加し計85・2%に上...

  • 首相「小型原子炉の開発進める」 (1/21)

     岸田文雄首相は21日の参院本会議で、脱炭素社会の実現に向け、原子力の小型モジュール炉(SMR)や高速炉の実用化を目指す考えを示した。「あらゆる選択肢を活用するという考えの下、日米間の協力も含め、小型...

  • タレントの高見知佳氏、出馬へ (1/21)

     タレントの高見知佳氏(59)は21日、松山市で記者会見し、夏の参院選愛媛選挙区(改選数1)に無所属で出馬する意向を表明した。出馬要請していた立憲民主党の泉健太代表はオンラインで会見に参加し「党も全力...

 あなたにおすすめの記事