ニュース

東京円、115円台前半 

2022/1/11 17:54

 連休明け11日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=115円台前半で取引された。

 午後5時現在は前週末比64銭円高ドル安の1ドル=115円25〜27銭。ユーロは29銭円高ユーロ安の1ユーロ=130円71〜75銭。

 前日の米株式市場におけるダウ工業株30種平均の下落を受け、朝方から相対的に低リスク通貨とされる円を買う動きが先行。その後、日経平均株価の下落も材料視された。

 市場では「米連邦準備制度理事会(FRB)による金融政策の正常化への警戒感から、投資家のリスク回避志向が根強い」(外為ブローカー)との声が聞かれた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  24日(日本時間 7時) (1/24)

     7時現在           1ドル=             113円68銭〜          113円71銭    前日比  +0円18銭   1ユーロ=            128円91銭...

  • サイバー攻撃対策、経営責任に (1/22)

     政府は通信や電力、鉄道など重要インフラ事業者のサイバーセキュリティー対策に関し、経営陣の責任を明確化する方向で検討に入った。情報漏えいなどによる損害の発生で会社法上の賠償責任を問われる可能性があると...

  • NY株、週間1646ドル安 (1/22)

     【ニューヨーク共同】21日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は6営業日続落し、前日比450・02ドル安の3万4265・37ドルで取引を終えた。終値では昨年12月1日以来の安値水準だった。6...

  • ナスダック 21日終値     (1/22)

    <ナスダック>          13768.92       前日比 −385.10  

  • インテル、最大11兆円投資 (1/22)

     【ニューヨーク共同】米半導体大手インテルは21日、10年間で最大1千億ドル(約11兆円)を投じ、米中西部オハイオ州に世界最大級の半導体製造工場を建設する計画を発表した。半導体生産の国内回帰を進めるバ...

 あなたにおすすめの記事