ニュース

北日本・北陸、大雪恐れ 交通の影響警戒

2022/1/12 8:59
 気象庁=東京・虎ノ門

 気象庁=東京・虎ノ門

 日本列島付近では12日、低気圧が急速に発達して冬型の気圧配置が強まった。気象庁は、北日本や北陸を中心に14日にかけて猛吹雪や大雪、高波の恐れがあるとして、交通への影響などに警戒を呼び掛けた。北海道では高潮による浸水にも注意を求めている。

 気象庁によると、日本海北部では動きの遅い低気圧が発達し、北海道付近では別の低気圧が急速に発達。北日本と北陸では雪を伴い非常に強い風が吹いて海は大しけとなる。

 12日にかけての予想最大風速(最大瞬間風速)は北海道、東北25m(35m)、北陸23m(35m)。13日は北海道25m(35m)、東北20m(30m)。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 参院選買収、県議ら「責任重大」 (1/28)

     2019年の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、現金を受領し不起訴となった地元県議ら100人のうち35人について、東京第6検察審査会は28日、「起訴相当」とする議決書を公表し「公職者が率先して順守しな...

  • 監護者性交、男に懲役18年 (1/28)

     2020年12月から21年5月までの間、自宅で15歳の養女に性交などを59回繰り返し、その様子を撮影したとして、監護者性交と児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の罪に問われた男に、津地裁は28日、懲役...

  • アフィリエイト誤認防止へ指針 (1/28)

     消費者庁の有識者検討会は28日、虚偽や誇大な表示が問題となっている成果報酬型のインターネット広告「アフィリエイト」について、消費者が広告ではないと誤認し不利益を被るのを防ぐため、広告主の責任の明確化...

  • 小田急線刺傷、男を起訴 (1/28)

     昨年8月に東京都世田谷区で起きた小田急線電車内の乗客刺傷事件で、東京地検は28日、乗客3人に対する殺人未遂などの罪で無職対馬悠介容疑者(36)を起訴した。鑑定留置の結果、刑事責任を問えると判断した。...

  • 技能実習生、21年に初の減少 (1/28)

     厚生労働省は28日、2021年10月末時点の外国人労働者数を、前年比2893人増の172万7221人と発表した。劣悪な雇用環境が問題となっている技能実習生は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う水際対策...

 あなたにおすすめの記事