ニュース

街角の景気実感、過去2番目高さ 12月、消費活発化を好感

2022/1/12 16:25

 内閣府が12日発表した2021年12月の景気ウオッチャー調査は、街角の景気実感を示す現状判断指数(季節調整値)が前月比0・1ポイント上昇の56・4で、比較可能な02年1月以降、05年12月(57・5)に次ぐ過去2番目の高さとなった。改善は4カ月連続。調査期間中は国内の新型コロナウイルスの感染者数が低水準で、消費活動が活発化したことが好感された。

 内閣府は調査結果を「持ち直している」とまとめ、判断を据え置いた。地域別では全国12地域のうち、7地域は上昇したが、東北、北関東、北陸、中国、九州の5地域が低下した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  29日(日本時間 1時) (1/29)

     1時現在           1ドル=             115円18銭〜          115円21銭    前日比  +0円46銭   1ユーロ=            128円59銭...

  • NY株、続落して始まる (1/29)

     【ニューヨーク共同】28日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落して始まり、午前10時現在、前日比290・12ドル安の3万3870・66ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は...

  • 米12月物価5・8%上昇 (1/28)

     【ワシントン共同】米商務省が28日発表した2021年12月の個人所得・消費統計によると、個人消費支出(PCE)物価指数は前年同月より5・8%上がった。上昇率は同じ5・8%だった1982年7月以来、3...

  • NY円、115円半ば (1/28)

     【ニューヨーク共同】28日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午前8時半現在、前日比15銭円安ドル高の1ドル=115円46〜56銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1133〜43ドル、128円62〜7...

  • 中国、免許取り消しを非難 (1/28)

     【北京共同】米連邦通信委員会(FCC)が中国国有の通信大手、中国聯通(チャイナユニコム)の米国事業免許を取り消す方針を決めたことに対して、中国外務省の趙立堅副報道局長は28日、「国家権力を乱用して中...

 あなたにおすすめの記事