ニュース

万博整備で129億円増、大阪市 開催地、夢洲への地下鉄延伸

2022/1/12 19:30

 2025年大阪・関西万博会場の人工島・夢洲への地下鉄延伸を巡り、事業主体の大阪市が、海底トンネルや新駅周辺の通路拡幅などのため当初の想定より整備費が約129億円増加すると試算していることが12日、市への取材で分かった。市が大半を負担する方針。

 延伸事業は、大阪メトロ中央線コスモスクエア駅(人工島・咲洲)と新設する「夢洲駅(仮称)」を海底トンネルで結ぶ計画。市の調査で、軟弱地盤への対策経費として約40億円、地中内のメタンガスへの対応費などで約56億円、夢洲駅周辺の通路拡幅などでも約33億円が追加で必要になる見通しとなった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 佐渡金山推薦へ最終調整 (1/28)

     政府が「佐渡島の金山」(新潟)の世界文化遺産推薦へ最終調整に入ったことが28日、分かった。2023年の登録を目指す。政府関係者が明らかにした。歴史問題を理由に韓国が反発し、現状では登録が見込めないと...

  • 厚労相、勤労統計の書き換え陳謝 (1/28)

     後藤茂之厚生労働相は28日の衆院予算委員会で、基幹統計「毎月勤労統計調査」の書き換えを巡り「不適切な事案だったとは考えていないが、利用者への配慮が欠けていた」と陳謝した。厚労省は、ボーナス支給の確認...

  • 「サイバー警察局」4月発足へ (1/28)

     政府は28日、深刻化するサイバー犯罪に対応するため、警察庁に「サイバー警察局」を新設する警察法改正案を閣議決定した。国会に提出し、可決されれば4月1日に発足する。全国を管轄区域とし、国の機関として直...

  • 首相、世界遺産「判断時期近い」 (1/27)

     岸田文雄首相は27日のBS―TBS番組で、「佐渡島の金山」(新潟)の世界文化遺産への推薦について「政府として決定はまだ行っていないが、判断する時期が近づいている」と述べた。推薦の時期に関し「今年と来...

  • 和歌山県、まん延防止要請へ (1/27)

     和歌山県の仁坂吉伸知事は27日に記者会見し、新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」の適用を政府に要請する方針を固めたと明らかにした。県内全域が対象になる見込み。24日の会見では「今すぐ要請する...

 あなたにおすすめの記事