ニュース

東京都、コロナ警戒度引き上げ 感染状況と医療体制

2022/1/13 13:32

 東京都は13日、新型コロナウイルスに関する独自の警戒度について、感染状況のレベルを2週連続で引き上げ、4段階のうち上から2番目とした。医療提供体制のレベルも1段階引き上げ、下から2番目とした。

 都内の新規感染者数は年明け以降に急増。感染力の強いオミクロン株への置き換わりが進んでいる。12日時点では、直近7日間を平均した1日当たりの新規感染者数は1148・7人で、前週比は847・1%。入院患者は954人(重症者4人)で病床使用率は13・7%だった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 濃厚接触者の待機7日間に短縮 (1/28)

     岸田文雄首相は28日、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者の待機期間を現在の10日間から7日間に短縮すると表明した。介護職員や警察など、社会機能の維持に必要な「エッセンシャルワーカー」は検査を組み合...

  • 佐渡金山、世界遺産に推薦 (1/28)

     岸田文雄首相は28日、「佐渡島の金山」(新潟)の世界文化遺産登録を国連教育科学文化機関(ユネスコ)に推薦すると表明した。歴史問題を巡る韓国の反発を受け、見送りを検討していたが、地元自治体だけでなく自...

  • 韓国の推薦中止要求を拒否 (1/28)

     林芳正外相は28日夜、「佐渡島の金山」の世界文化遺産登録への推薦中止を求めた韓国外務省報道官声明を巡り、韓国側に対し拒否する意向を伝えたと明らかにした。外務省で記者団に「韓国側の独自の主張は受け入れ...

  • 首相「一時見送り」に反論 (1/28)

     岸田文雄首相は28日、「佐渡島の金山」(新潟)の世界文化遺産登録に向けた推薦決定に関し、一時は見送りを検討していたとの見方に反論した。官邸で記者団に「本日決めた。変わったとか(方針を)転換したという...

  • 日本大使館も一部退避へ (1/28)

     外務省幹部は28日、ウクライナ情勢の緊迫化を受け、現地の日本大使館の態勢を縮小する方針を明らかにした。在留邦人の保護など主要な業務に当たる職員を除き、国外に退避させる。職員の家族は既に出国を始めた。...

 あなたにおすすめの記事