ニュース

政界から海部元首相悼む声 二階氏「さわやかな弁舌」

2022/1/14 19:56

 死去した海部俊樹元首相に対し、政界から悼む声が相次いだ。自民党の二階俊博元幹事長は14日、1994年に海部氏が率いた新進党に参加し、後に自民に復党した経緯を念頭に「政治活動でご一緒し、温かい人柄とさわやかな弁舌に感銘を受けた。幾多の場面でご指導をいただいた」とのコメントを発表した。

 早稲田大雄弁会で海部氏の後輩だった森喜朗元首相は取材に「兄のような存在でご指導いただき、演説は上手だった。政治的立場は必ずしも同じではなかったが、よく頑張られ、敬意を表したい」と語った。自民党の茂木敏充幹事長は「初の自衛隊海外派遣や政治改革への取り組みなど、時代の転換点を迎えたわが国の歩みに貢献された」とのコメントを発表した。

 立憲民主党の泉健太代表は記者会見で「クリーンな政治家の印象だ。リクルート事件などを受け政治改革の志を高く掲げられた」としのんだ。公明党の石井啓一幹事長は新進党に在籍した経緯に触れ「非常に温厚な人柄で、心からご冥福を祈る」と記者団に述べた。海部政権が90年の湾岸危機で多国籍軍に計130億ドルの支援を決めながら、人的貢献が不十分と批判を浴びたことに関し「国際貢献の在り方の転換点になった」と振り返った。

 林芳正外相は会見で「海部氏が首相を務めた89〜91年は国際社会が歴史的な変化を経験した時代。変化する安全保障環境への対応に尽力された」とたたえた。国民民主党の玉木雄一郎代表も「日本の政治が激動する時代をリーダーとして引っ張った。自衛隊の海外派遣など非常に難しい判断をされた」と記者団に語った。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

政治の最新記事
一覧

  • 参院選岡山に元玉野市長出馬へ (1/17)

     夏の参院選岡山選挙区(改選数1)に、元岡山県玉野市長の黒田晋氏(58)が無所属で立候補する意向を固めた。近く正式表明する。関係者が16日明らかにした。黒田氏は自民党の加藤勝信前官房長官の義父、故加藤...

  • ワクチン前倒し注力―自民 (1/16)

     自民党の茂木敏充幹事長は16日のNHK番組で、感染が急拡大する新型コロナウイルス「オミクロン株」に関し、ワクチン3回目接種の前倒しに注力する考えを示した。立憲民主党の西村智奈美幹事長は、病床確保の重...

  • 辺野古移設争点に一騎打ち (1/16)

     沖縄県名護市長選が16日告示され、いずれも無所属で元名護市議の新人岸本洋平氏(49)=立民、共産、れいわ、社民、地域政党・沖縄社大推薦=と、再選を目指す現職渡具知武豊氏(60)=自民、公明推薦=が立...

  • 宮崎市長選が告示 (1/16)

     任期満了に伴う宮崎市長選は16日告示され、元市議斉藤了介氏(55)、4選を目指す現職戸敷正氏(69)、元県議清山知憲氏(40)、元市議大村嘉一郎氏(70)の4人が立候補を届け出た。いずれも無所属。投...

  • 政府、トンガの被害把握を継続 (1/16)

     政府は16日、南太平洋・トンガ沖の海底火山噴火により日本の太平洋沿岸の潮位が変化したことを受け、被害状況の把握や警戒を続けた。外務省を中心にトンガの在留邦人の安否確認も急いだ。同省によると、トンガの...

 あなたにおすすめの記事