ニュース

まん延防止なら「雪まつり」困難 札幌市長、2月に開催予定

2022/1/14 20:33

 札幌市の秋元克広市長は14日の記者会見で、2月に開催予定の人気イベント「さっぽろ雪まつり」について、同市が新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」の対象地域となった場合は会場に観客を入れて開催するのは難しいとの考えを示した。

 同日、札幌商工会議所などでつくる実行委員会に対応を検討するよう要請。近く、実行委が開催の可否を判断する。

 昨年は新型コロナ感染拡大を受け、雪まつりの歴史や魅力を動画配信する代替イベントを開催。今年は例年より雪像の規模を縮小し、複数ある会場を市中心部の大通公園に絞り観客を入れて行う予定。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 参院選買収、県議ら「責任重大」 (1/28)

     2019年の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、現金を受領し不起訴となった地元県議ら100人のうち35人について、東京第6検察審査会は28日、「起訴相当」とする議決書を公表し「公職者が率先して順守しな...

  • アフィリエイト誤認防止へ指針 (1/28)

     消費者庁の有識者検討会は28日、虚偽や誇大な表示が問題となっている成果報酬型のインターネット広告「アフィリエイト」について、消費者が広告ではないと誤認し不利益を被るのを防ぐため、広告主の責任の明確化...

  • 小田急線刺傷、男を起訴 (1/28)

     昨年8月に東京都世田谷区で起きた小田急線電車内の乗客刺傷事件で、東京地検は28日、乗客3人に対する殺人未遂などの罪で無職対馬悠介容疑者(36)を起訴した。鑑定留置の結果、刑事責任を問えると判断した。...

  • 技能実習生、21年に初の減少 (1/28)

     厚生労働省は28日、2021年10月末時点の外国人労働者数を、前年比2893人増の172万7221人と発表した。劣悪な雇用環境が問題となっている技能実習生は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う水際対策...

  • 警視庁、マネロン捜査を強化 (1/28)

     警視庁は28日、組織犯罪対策部を再編し、マネーロンダリング(資金洗浄)などの捜査に特化した「犯罪収益対策課」を新設すると発表した。組対部の再編は2003年の発足以来初めてで、暴力団や国際犯罪の捜査部...

 あなたにおすすめの記事