リポーター発

フォトリポート

記事一覧

  • 【広島市南区】広島港に「ろうそく」灯台 (2021/4/1) 

     広島市南区の広島港(宇品港)の防波堤には、赤い灯台と白い灯台がある。その間を高速艇やフェリーが行き交う。この時季、沈む夕日と赤い灯台が重なり、ろうそくに火をともしたようになる。自然に溶け込んだ光景…

  • 【広島市中区】広島城の堀 水鳥の奮闘 (2021/3/5) 

     広島城の堀には、さまざまな種類の水鳥がいる。翼を広げて休んでいたカワウが突然、大きな水音とともに魚を捕まえた。獲物の大きさは大小さまざまだが、のみ込むのは無理ではないかと思うほど大型のフナやコイを…

  • 【広島市安芸区】十六羅漢、マスク姿で喝 (2021/2/26) 

     広島市安芸区上瀬野の国道2号沿いで、往来の安全を見守る十六羅漢像。みんなマスクを着けている。羅漢は一切の煩悩を断って修行の最高位に達し、人々の尊敬や供養を受ける聖者なのだという。長引く新型コロナウ…

  • 【広島市佐伯区】春告げるリボン状の花 (2021/2/16) 

     新型コロナウイルス禍で休園していた広島市植物公園(佐伯区)が、久々に開園した。芝生広場では、いち早く春を告げるシナマンサクがリボン状の花を咲かせて来園者を待っていた。家族連れたちは、感染対策をしな…

  • 【府中町】お焚き上げ 収束も祈る (2021/1/28) 

     府中町の鹿籠(こごもり)神社で、お焚(た)き上げがあった。しめ飾りや破魔矢、絵馬などが燃やされた。今年は新型コロナウイルス禍で、地元のとんど焼きが中止になった。青竹やわらでやぐらを作り、持ち寄った…

  • 【廿日市】今年も仲良しオシドリ (2021/1/21) 

     廿日市市内の閑静な住宅街の一角にあるため池に、今年もオシドリがやってきた。フェンス越しに見ると、数羽が水辺の木陰を仲良く泳いでいた。雄は冬になると色鮮やかなファッションに身を包み、雌に求愛する。仲…

  • 【廿日市】朝日照らす海霧 幾重にも (2021/1/13) 

     強い寒気が流れ込んだ朝。目覚めると山も平地もうっすら雪化粧をしていた。海を見ると普段と違う景色が…。柔らかな朝日に照らされた海霧が幾重にも続き、西から東へとゆっくり流れていた。海面から蒸発した水蒸気…

  • 【府中町】88体の石仏 前掛け新しく (2020/12/10) 

     府中町の小高い丘の上にある道隆寺。県重要文化財の木造薬師如来座像があり、多くの人の信仰を集める。その北側の山林には、四国八十八カ所に由来する88体の石仏が点在している。  今年も地元の人たちが石仏…

  • 【海田町】くちばしで魚キャッチ (2020/12/3) 

     海田町を流れる瀬野川。河口に近い日の浦橋周辺では、40〜50羽のシラサギがのんびりと羽を乾かしている。しかし、大潮の満潮時には、シラサギが慌ただしく動きだす。ボラの子ども「イナ」が川を上ってくるか…

  • 【廿日市市】絶好の季節 心躍る釣り人 (2020/11/27) 

     雲一つない秋晴れの朝、廿日市市の地御前港を散歩した。カキの採苗連が積まれ、防波堤では若者たちが、釣りざおを慣れた手つきでリズミカルに振っていた。  絶好のシーズン到来。あちらにも、こちらにも釣り人…