リポーター発

安田女子大
  • この記事にコメントする

【安田女子大】江田島の海岸を清掃 ごみ問題の意識高める

2021/2/16
海岸でごみ拾いのボランティアをする学生

海岸でごみ拾いのボランティアをする学生

 安田女子大(広島市安佐南区)の1年生9人が、江田島市の海岸で清掃活動に参加した。「ボランティア活動」の授業の一環。
 同市はカキの国内有数の産地だが、養殖に使われる資材の破片などのごみが問題になっている。学生は、江田島市企画振興課の畑河内真課長からごみ問題について説明を受け、意識を高めた。通り掛かった地元の人たちからの声援を受けながら、約1時間半かけて、海岸のごみを拾い集めた。
 現代心理学科1年中本友さん(19)は「細かくちぎれた発泡スチロールなどがあり、回収するのが大変だった。自分たちも海洋プラスチックの問題に真剣に取り組む必要があると感じた」と話した。活動後、学生は海岸で貝採りも体験し、江田島の自然を満喫した。(1年 吉実沙希)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧