リポーター発

広島女学院大
  • この記事にコメントする

【広島女学院大】個性豊かなドレス披露 1人1着制作 人気投票も

2021/3/11
鮮やかなドレス姿を披露した学生

鮮やかなドレス姿を披露した学生

 広島女学院大(広島市東区)の生活デザイン学科の3、4年生22人が、オリジナルのドレスをデザインした。新型コロナウイルスの影響で、無観客開催となったファッションショーで披露。動画に収め、オンライン上で人気投票を実施した。
 「ファッションプレゼンテーション」の実習・演習の授業の一環で、1人1着ずつ制作した。スパンコールを手縫いして優美さを表現したり、色味を抑えて上品さを演出したりするなど、個性豊かなドレスが仕上がった。
 例年は秋の大学祭でファッションショーを開催するが、コロナの影響で大学祭が中止となり、無観客での開催を決めた。「宝石のように輝く女性」をイメージして制作した3年中澤里奈さん(21)は「コロナの影響でオンライン授業が続き、型紙作りなどに苦労したが、少しずつ形になってやりがいを感じた。みんなとステージに立てて、とても楽しかった」と話していた。(3年 西岡聖奈)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧