リポーター発

広島女学院大
  • この記事にコメントする

【広島女学院大】日本酒ラベル 商品に採用

2021/3/12
デザインしたラベルが採用された日本酒を手にする久保田さん

デザインしたラベルが採用された日本酒を手にする久保田さん

 広島女学院大(広島市東区)生活デザイン学科の2年久保田紗羅さん(20)がデザインした日本酒のラベルが、西條鶴醸造(東広島市)の商品に採用された。
 久保田さんの作品は、淡いオレンジ色で彩ったラベルの中央に、ほほ笑みながら乾杯する人の横顔を描いた。肩ラベルには「いつかまた 乾杯!」と記した。新型コロナウイルス感染拡大の中、「お気に入りのお店へ気軽に行き、また誰かと一緒にお酒を飲めるようにとの思いを込めた」という。
 同大と同社は、2017年度から連携し、えとをあしらったラベル作りに取り組んできたが、今回は趣向を変えた。
 久保田さんは「自分のデザインが採用され本当にうれしい。『いつかまた乾杯』できる日を心待ちにしている人たちに、手に取ってもらいたい」と話していた。(3年 西岡聖奈)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧