リポーター発

広島女学院大
  • この記事にコメントする

【広島女学院大】オンラインで模擬授業

2021/3/19
新型コロナウイルスの影響でオンライン上で取り組んだ模擬授業

新型コロナウイルスの影響でオンライン上で取り組んだ模擬授業

 広島女学院大(広島市東区)で教員免許の取得を目指す日本文化学科の学生11人が、オンライン上での模擬授業に取り組んだ。電子教科書や電子黒板を使った指導法を学ぶ授業が、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて一時、オンライン上で開かれたため。対面での実践との違いに苦労しながらも、工夫を重ねた。
 ビデオ会議システムを使った模擬授業では「平家物語」などに関する授業の計画を立て、ほかの学生が生徒役として参加。教師役の学生は、黒板で示す代わりにパソコン上で共有できる資料を作った。生徒役の反応や表情が見えにくいため、チャット機能を活用して意見を出してもらうなど試行錯誤した。
 3年橋本未来さん(21)は「対面よりも生徒役への声掛けを意識した。教師になってからオンライン授業をする可能性もあるので、今回の経験を生かしたい」と話した。(3年 西岡聖奈)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧