リポーター発

広島大
  • この記事にコメントする

【広島大】授業の悩み 相談窓口へ 大学院生がアドバイス

2021/3/19
キャンパス内に開設された相談窓口

キャンパス内に開設された相談窓口

 広島大(東広島市)の教育学習支援センターは、同大の学生が学習面での悩みを相談できる窓口を同大学生プラザ1階に開設した。授業の履修方法やリポートの書き方、予習や復習の取り組み方などについて、教育支援に関する資格を持つ大学院生がアドバイスする。
 現在9人が活動。新型コロナウイルスの影響を考慮し、窓口での相談に加え、メールやビデオ会議システムを活用したオンライン相談にも応じている。学生スタッフの約半数は留学生で、日本語以外での相談も受け付ける。「どこで日本語の練習ができるか」などといった問い合わせがあるという。
 平日午前10時〜午後5時(正午〜午後1時は休み。金曜は正午まで)。無料で利用できる。
 同センター教員の蝶慎一助教(36)は「ちょっとした悩みでも、まずは寄ってみようと学生に思ってもらえる場にしたい」。学生スタッフの権藤暁則さん(27)は「年齢の近い学生同士だからこそ気軽に相談してほしい」と利用を呼び掛けている。(3年 間世田桜子)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧