リポーター発

県立広島大
  • この記事にコメントする

合同研修 学生の仲間づくり応援へ

2013/5/17

 広島市南区の県立広島大広島キャンパスで6月にあるピア・サポート研修の準備が進んでいる。三原と庄原の両市のキャンパスを含む3キャンパスの学生の仲間づくりや学校生活の支援が目的だ。



 ピアとは「仲間」、サポートは「支援」という意味。4月に入学した1年生やボランティアに関心のある学生を主な対象として、交流を深める。学生たちに研修への参加を呼び掛けている。各キャンパスにいる「ピア・サポーター」と呼ばれる学生が昨年10月から企画を練ってきた。

 研修は6月15、16日の2日間の予定。場所は4月に広島市中区に新設したサテライトキャンパスひろしま。参加費は無料。


 広島キャンパスのピア・サポーター代表の経営情報学部2年の末次隼人さん(19)は「この取り組みは始まったばかりですが、3キャンパスの学生が交流を深める場を提供できる活動にしていければ」と意気込んでいた。 (2年中野優子)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧