リポーター発

広島文化学園短大
  • この記事にコメントする

一人暮らしの学生 コツ語り合う

2013/5/2

 広島文化学園大学・短大(安佐南区)の学内で、4月26日の放課後、一人暮らしをしている学生を対象にした懇親会が開かれた。同キャンパスの学芸学部と短大の合同で、計4学科から学生16人、教員7人が参加した。


 参加者は食事をしながら、一人暮らしの悩みを相談したり、自炊や洗濯の工夫を話したり盛り上がっていた。また、食事の後は音楽学科の学生によるミニ演奏会も行われ、会場全体が笑顔に包まれていた。
  全員で会場をセッティングしたり、食事の準備をしたりすること事でも交流が深まっていた。山口県出身のコミュニティ生活学科1年の相澤志保さんは「学科を越えて一人暮らし同士が集まる機会があるなんて驚いた。みんなで楽しく食べる夕食はとてもおいしかった」と話していた。

 1年生が新生活をスタートして1カ月。楽しみも不安もたくさんあると思うが、これからの大学生活をさらに有意義なものにしてほしい。 (2年蛯原麻貴)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧

  • < 前の10件
  • 1
  • 次の10件 >