リポーター発

島根県立大
  • この記事にコメントする

被災地へ届け 歌声のエール

2013/3/18

 東日本大震災の復興を支援するチャリティーコーラスが、浜田市の島根県立大であったあった。約300人が心を一つに歌声で被災者へエールを送った。


 11日、地元小学校や市民合唱団などが参加した。3月末で閉校、統合される木田小の全児童8人は、校歌や「さよならは言わない」を熱唱。少人数でも力強い歌声に、涙を流して聞き入る観客もいた。最後には本田雄一学長の発声で参加者全員が「花は咲く」などを歌い、一日も早い復興を祈った。


 同大の学生の被災地ボランティアの活動報告や、韓国iU山(うるさん)市のUSP室内管弦楽団の演奏などもあった。市や同大、合唱団有志たちでつくる実行委員会が昨年に続いて企画した。収益金は市を通じて被災地に送る。
(大学院博士前期2年龔群)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧

  • < 前の10件
  • 1
  • 次の10件 >