リポーター発

安田女子大
  • この記事にコメントする

【安田女子大】授業開始を30分前倒し 放課後の有効活用狙う

2021/7/2
自動車学校の受付ブースなど、学生向けの施設やサービスが充実しているキャンパス内

自動車学校の受付ブースなど、学生向けの施設やサービスが充実しているキャンパス内

 安田女子大(広島市安佐南区)は4月から、授業の開始時間を30分前倒しして、午前8時半にした。学生に早寝早起きを習慣づけ、放課後の時間を学業や課外活動などに有効活用してもらう狙い。学内の施設やサービスの利用も進んでいる。
 約33万冊の蔵書がある図書館のほか、広島で最大級を誇る天文台、見晴らしの良いテラス、メニューが豊富なパン屋やカフェ…。キャンパス内には多彩な施設やサービスがあり、学生たちが有意義な時間を過ごせるよう工夫されている。
 沼田自動車学校(安佐南区)の受付ブースもその一つ。同校職員の中嶋浩太さんは「学生が気軽に相談できる場にしたい。大学と自動車学校を結ぶ送迎バスもあるので活用してほしい」と話す。
 日本文学科1年の西坂風花さん(18)は「慣れてきたら屋上庭園や普段授業で使っていない施設ものぞいてみたい」と目を輝かせていた。(2年 井口侑香)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧