リポーター発

広島工業大
  • この記事にコメントする

【広島工業大】地元徳島で聖火リレー 1年の戸花さん、達成感

2021/7/9
地元の徳島県で聖火リレーに参加した戸花さん

地元の徳島県で聖火リレーに参加した戸花さん

 広島工業大(広島市佐伯区)工学部1年の戸花裕貴さん(18)が、東京五輪聖火リレーのランナーに選ばれ、地元の徳島県を走った。
 戸花さんの祖父・八木竹光さん(74)も1964年の東京五輪の際、聖火リレーに参加したといい、「祖父に自分の姿を見せたい。スポーツの楽しさを広め、地域活性化につなげたい」と今回のリレーに応募した。同県小松島市で200メートルを駆け抜け、聖火を次のランナーにつないだ。
 戸花さんは、高校の3年間、山岳部に所属。聖火ランナーに選ばれ、約4カ月前からランニングをして備えた。
 戸花さんは「小雨の中、沿道から聞こえる声援が励みになった。見た人に元気を与えることができ、うれしさと達成感でいっぱい」と話していた。(4年 近藤令奈)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧