リポーター発

エリザベト音大
  • この記事にコメントする

【エリザベト音楽大】ミニオペラ本番へ練習 「海」テーマに8月上演 

2021/7/9
ミニオペラの練習に取り組む学生

ミニオペラの練習に取り組む学生

 エリザベト音楽大(広島市中区)は8月28日、東広島市の東広島芸術文化ホールくららで「こどものためのミニオペラ〜人魚姫と海のなかまたち」を開催する。台本、演出、キャスト、演奏など全てを学生が担う。本番に向けて練習に励んでいる。
 ミニオペラのテーマは「海」。新型コロナウイルス禍であまり体験できなくなった非日常を味わってもらおうと、当日は子どもたちも一緒に踊って楽しめる舞台を目指す。練習では、ピアノ伴奏に合わせて迫力ある歌声を響かせたり、台本を読み合わせたりしていた。大掛かりな舞台セットなどを作る姿も見られた。
 演出や舞台の裏方を担当する3年藤原愛さん(21)は「全て自分たちで運営するので大変なことも多いが、子どもたちと一緒に楽しみたい」と意気込んでいる。午前11時と午後2時の2回。定員は各回約300人。同ホール親子コンサート係宛てに、往復はがきで申し込む。7月15日必着。(3年 佐藤杏)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧