リポーター発

広島女学院大
  • この記事にコメントする

【広島女学院大】実技授業もオンライン化 書道の実践 11人が参加

2021/7/28
オンラインであった書道の実践授業

オンラインであった書道の実践授業

 広島女学院大(広島市東区)では、新型コロナウイルスの影響で、書道など実技の授業もオンライン化が進んだ。感染防止対策をしながら学びを深めようと、試行錯誤が続いている。
 ビデオ会議システムを使った書道の実践授業には、国際教養学科と日本文化学科の学生11人が参加した。学生は教員の指導を受けながら、筆の持ち方や姿勢などの基本を確認。中国古代の甲骨文字などの古典を書き写し、四字熟語を創作していった。完成した作品をカメラで写して互いに発表・鑑賞し合う時間も設け、できるだけ対面授業に近づけた。
 4年吉村奈々子さん(21)は「なじみのない文字を書くことに難しさを感じていたが、何度か繰り返すうちに筆を使った線の書き方がつかめた。オンラインでもコミュニケーションを取りながら受講できるので、しっかり学べる」と話していた。(4年 西岡聖奈)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧