リポーター発

広島工業大
  • この記事にコメントする

【広島工業大】面接用スペースが好評 就活のオンライン化に対応

2021/8/20
ライトやノートパソコンが置かれたオンライン面接用のスペース

ライトやノートパソコンが置かれたオンライン面接用のスペース

 広島工業大(広島市佐伯区)は、学生がオンライン面接に使えるスペースを設けた。新型コロナウイルス禍の中、就職活動のオンライン化が進む。周囲を気にせず集中することができると学生に好評で、活動シーズン中はほぼ予約が入っているほど多くの学生が利用している。
 来客用だった就職部の応接室を活用。パソコンを貸し出すほか、ノートパソコンのカメラレンズと目の高さを合わせる台や表情を明るく照らすリングライトも設置した。
 利用した機械システム工学科3年の垰明穂さん(21)は「面談をスムーズに進められる機材がそろっている。これからも利用したい」と喜んでいた。就職部の石津香世課長は「通信環境や周囲の環境への不安をなくしたかった。企業との面接に落ち着いて挑んでほしい」と呼び掛けている。(大学院1年 手島慶祐)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧