リポーター発

広島女学院大
  • この記事にコメントする

【広島女学院大】学内情報を掲示板に展示 高校生に講義内容紹介

2021/9/2
学内情報などをまとめ、展示をする学生

学内情報などをまとめ、展示をする学生

 広島女学院大(広島市東区)の日本文化サークルは、講義の内容や学内の情報をまとめ、オープンキャンパスに合わせて展示した。新型コロナウイルス禍で学生スタッフの参加が制限されている中、高校生に大学への具体的なイメージを持ってもらう狙い。
 オンライン会議で情報交換しながら、2カ月かけて完成させた。当日は、大学で行われているオンライン授業に関するQ&Aを掲示。1年生に不安だったことを聞き、その疑問に答えた。「おすすめの授業」は、資格に関するものや、実際に受けてみてよかったポイントを示した。掲示板の周囲は「大学に受かりますように」と手書きした短冊や、日本の伝統文化である折り紙で飾った。
 日本文化学科の植西浩一教授(66)は「学生が主体的に作ったことに意味がある。高校生にも分かりやすく授業内容を紹介してくれた」と評価する。2年の保永美結さん(19)は「高校生たちが楽しそうな学科だと感じてくれたらうれしい。次回は、空き時間の過ごし方や施設の使い方を紹介したい」と話していた。(2年 今中美希)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧