リポーター発

広島文教大
  • この記事にコメントする

【広島文教大】学内献血2年ぶりに開催 学生や教職員97人参加

2021/9/2
献血に協力する学生や教職員

献血に協力する学生や教職員

 広島文教大(広島市安佐北区)で、学内の関係者を対象にした献血があった。新型コロナウイルスの影響で2年ぶりの開催。学生や教職員たち97人が参加した。
 プラカードを持った学友会委員が、広場や講義室などを回り、できるだけ多くの人の協力を呼び掛けた。応じた人たちは受け付けを済ませ、医師の問診や簡易血液検査の後、水分補給や栄養補給をして献血車に入った。
 昨年は、新型コロナの影響で献血バスの稼働が少なかったという。広島文教大も、これまでは前・後期に1回ずつ学内献血を実施していたが、昨年はやむなく中止した。
 教育学科1年の篠原想さん(19)は「友人に誘われて初めて献血した。大学内なら協力しやすい。次回も参加したい」と話した。主催した学友会厚生部長の青山咲さん(21)は「皆さんのおかげで目標を達成できた」と、ほっとした表情を浮かべていた。(1年 庄野愛梨)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧

  • < 前の10件
  • 1
  • 次の10件 >