リポーター発

広島女学院大
  • この記事にコメントする

【広島女学院大】憩いのスペース新設 愛称「アイリスガーデン」

2021/9/10
「アイリスガーデン」命名者の平嶋さんと田中さん

「アイリスガーデン」命名者の平嶋さんと田中さん

 広島女学院大(広島市東区)のキャンパスに、「アイリスガーデン」が新設された。学生自治会の提案。学生がくつろいだり、イベントを開いたりできるスペースにしたいとの願いが込められている。
 場所は、通学の玄関口となる広島電鉄「広島女学院前」バス停の近く。「アイリスインターナショナルハウス」の跡地を活用した。愛称の「アイリスガーデン」は、学内の公募で決め、日本文化学科3年平嶋あいさん(21)と管理栄養学科3年田中愛子さん(21)の案が採用された。
 田中さんは、アイリスがアヤメ属の植物であることを踏まえ、「アヤメの花言葉である『良い便り』が絶え間なく行き交う、憩いの場になってほしいと考えた」と説明。裏千家茶道部に所属する平嶋さんは「お茶会をする場所の一つとして利用したい」と活用法を思い描いていた。今後は、学内だけでなく地域にも開放していく予定という。(4年 西岡聖奈)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧