リポーター発

エリザベト音大
  • この記事にコメントする

【エリザベト音楽大】ミニオペラ 本番さながら リハーサル 衣装カラフル

2021/10/15
歓声と拍手に応えるミニオペラの出演者

歓声と拍手に応えるミニオペラの出演者

 エリザベト音楽大(広島市中区)で、「こどものためのミニオペラ〜人魚姫と海のなかまたち」のリハーサルがあった。来年3月12日、東広島市の東広島芸術文化ホールで本番を迎える。
 海がテーマの曲や、この舞台のためにアレンジした曲を使い、歌とダンスで学生や教職員たちを魅了した。演出や台本も学生自らが考案。親子で楽しめるよう、衣装もカラフルな色合いで手作りされ、海の中の様子を表現した。
 台本・演出も手掛けた主演の3年糸賀里咲子さん(21)は「本番までの期間でさらにクオリティーを高め、親子で楽しんでいただける舞台にしたい」と意気込む。
 この舞台は、来年に学内で開かれるスプリングフェスティバルでも披露される予定だ。(3年 佐藤杏)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧