リポーター発

広島大
  • この記事にコメントする

広島でチャリティーリレーラン

2013/12/27

 広島広域公園陸上競技場(広島市安佐南区)で、「メイク・ア・ウィッシュヒロシマリレーラン2013(第7回チャリティー駅伝2013)」が行われた。
 メイク・ア・ウィッシュ・オブ・ジャパン広島支部の主催。大会には、1キロのキッズの部16人と親子ペアの部に11組、20キロを5人でつなぐ一般リレーの部66組の、4歳〜82歳の計305人が参加した。
 大きな声援の中、参加者たちはタスキをつなぎ汗を流した。リレーの後には、お楽しみ抽選会も行われ、会場は大いににぎわった。
 「メイク・ア・ウィッシュ」とは、「難病の子どもの夢をかなえること」を目的としたボランティア団体。今回は大会への参加費が寄付金として活用される。
 チーム「自由組み合わせ塾 Bee Ambitious」の一員として参加した、広島大学大学院教育学研究科2年山崎千穂さん(24)は、「走っているときは苦しかったが、知らない人からもたくさん声援をもらい、温かい気持ちになった。頑張っている誰かを応援したいと思った」と話した。
(寺坂絵里)


この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧