リポーター発

県立広島大
  • この記事にコメントする

昼食囲み学長と議論

2014/4/4
中村学長(手前左から2人目)と昼食を取りながら意見交換する学生

中村学長(手前左から2人目)と昼食を取りながら意見交換する学生

 県立広島大三原キャンパス(三原市)の学生5人と中村健一学長、秋山伸隆副学長が、昼食を囲みながら学内の課題について話し合う「ランチミーティング」を、同キャンパスで開いた。
 「大学のセールスポイント」「大学に求めるもの」をテーマに、弁当を食べながら話し合った。学生側からは「地域住民との交流が活発な点をもっとPRすべきだ」「学内の学習スペースを充実させてほしい」などの意見が寄せられた。中村学長たちは、学生の質問や要望に一つ一つ丁寧に答えていた。
 参加したコミュニケーション障害学科1年真鍋彩香さん(19)は「学長に誠実に話を聞いてもらえた。学生生活に希望が持てた」と話していた。(1年黒田菜月)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧