リポーター発

県立広島大
  • この記事にコメントする

高齢者施設と祭り通し交流

2014/10/8
庄原よいとこ祭りで、ダンスを披露する参加者

庄原よいとこ祭りで、ダンスを披露する参加者

 庄原市の県立広島大庄原キャンパス(庄原市)の学生10人が、同市であった「庄原よいとこ祭り」のパレードに、地元の高齢者施設「寿園・相扶園」チームの一員として参加した。
 男子はみこしを担ぎ、女子はダンスを踊りながら市役所から庄原小までの約1キロを練り歩いた。みこしを担いだ3年牛衛夢宇(うしえ・むう)さん(20)は「最後まで担げるか不安だったけど、徐々に楽しくなり、時間がたつのを忘れた」とほほ笑む。
 同施設とは約10年前から行事を通じて交流している。3年園田葵さん(21)は「3回目の参加。地元の行事に関わることができてうれしい」と話していた。(3年中島敬)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧