リポーター発

イタリア

謝肉祭で仮装パレード

2015/2/23
ユニークな仮装で笑顔を振りまくパレードの参加者

ユニークな仮装で笑顔を振りまくパレードの参加者

 チャオ! 大寒波の予報が外れ続けているトリノです。2月のイタリアで大きなイベントは「カルネバーレ(謝肉祭)」です。英語ではカーニバルと呼ばれます。カトリック教会の行事で、キリストの復活を祝うイースター(復活祭)の46日前の1週間または3日間にあります。
 復活祭前の46日間は、四旬節とよばれ、食事の節制と祝祭を自粛する伝統があります。カルネバーレは、その前に肉に別れを告げるうたげとして始まったとされます。ことしは2月15日の日曜日にあります。
 イタリアではもちろん、ベネチアのカルネバーレが有名です。中世の貴族の服装にマスクを着け、ゴンドラに乗って登場なんて、ちょっとかっこいいです。高額な衣装を用意し、高級レストランでカルネバーレの仮面パーティーを開くために、世界中から集まるセレブが実際にいるんですよ。別世界です。
 子どもたちの通う小学校や幼稚園ではカルネバーレの日に仮装して登校したり、図工の授業で仮面を作ったりしています。もちろん、スーパーマーケットや玩具店には仮装グッズが並びます。女の子にはハロウィーンに続いて、「アナと雪の女王」のドレスが人気です。男の子はスパイダーマンや忍者タートルズなどヒーローが多いかな。また、コリアンドロと呼ばれる紙のつぶてや泡のスプレーも店頭に並びます。
 わが家のカルネバーレは、仮装した子どもたちを連れて山車のパレードを見に行くことです。子どもたちは山車に向かってコリアンドロを投げたり、お互いに泡スプレーを掛け合ったりします。パレード以外でも、この時期の公園には子どもの投げた紙つぶてがたくさん落ちています。公道は汚さないという発想はないみたい。パレード後は清掃車が登場し、道路をきれいにします。
 「楽しいカルネバーレ!」と思いたいところですが、15日だけでなく、16、17日と火曜日まで学校は休みです。冬休みがやっと終わったと思ったら、また4連休です。会社などは通常通り営業するので、夫は月曜日からいつものように仕事です。4連休なのは、学校がない子どもだけ。う〜ん、何して過ごしましょうか…。(和田忍=トリノ在住)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧