リポーター発

広島修道大
  • この記事にコメントする

新聞作りを体験 印刷工場見学や取材

2013/10/8

 大学生対象のインターンシップが8月下旬、広島市中区の中国新聞社であった。広島修道大(安佐南区)や広島大(東広島市)など県内外の計10大学から21人が学んだ。


 学生は5日間にわたり、5グループに分かれて編集、営業、事業など各部署を体験した。廿日市市大野のちゅーピーパークの印刷工場も見学、新聞製作全般や地方紙の役割について説明を受けた。


 4日目には、写真の撮り方や取材のこつを学んだ後、近くの平和記念公園に移動。取材に挑戦した。課題は、公園にいる人から面白い話を聞き記事にすること。初の取材に戸惑う学生が多かったが、慣れてくると積極的に声を掛けていた。

 安田女子大(安佐南区)現代ビジネス学部3年柴田真由香さん(21)は「取材は難しかったが、よい経験になった。新聞を読むことが楽しくなった」と話していた。(3年副島すみれ)

この記事に対するコメント
一覧

  • コメントはありません

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧