リポーター発

フォトリポート

廿日市市・竹の秋 自然の力に感動

2015/6/11

 この時季、山に生える竹の葉が黄ばんでいるのをあちこちで見かける。竹林全体が黄色く見えることから「竹の秋」とも呼ばれ、樹木の紅葉にあたる現象だ。変色するのはタケノコを育てようと、親竹が養分を使い果たすためだという。この景色を見るたびに悲哀を感じていたが、葉の付け根にはすでに新しい新芽が顔をのぞかせる。秋には再び青々とした竹に戻るそうで、自然の力強い営みに感動させられる。(西谷正子)


この記事に対するコメント
一覧

  • シロウ 2015/6/13 6:52

    露出の難しい構図でしたね、妊娠中の母親と胎児と同じで、新しく命を継承するプロセスですね。また見せてください。

  • この記事にコメントするへ
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

記事一覧